Button under menu
かえる新聞 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.55 2019年6月号

こんにちは!かえる不動産の田中です(^^)

お客様と物件を見学しているときに「庭が少しでもあった方がいいなあ」と話す方は多いですね。

特にお子さんが小さい場合には、お庭でプールをしたり、ちょっと遊ばせておくにはいいかもしれませんね。

わが家でも以前は庭で息子と遊んだりしましたが、今となっては息子が庭に出ることはほとんどありません。。

そして、今の時期は、すごい勢いで生えてくる雑草を抜くのが休みの日の日課になり、終わったときの達成感がちょっとくせになったりしています^^;

夏休みに入るとお子さんがお休みになって、普段よりも忙しくなる方もいるのではないでしょうか。

その前に相談や見学などしておくのも良いかもしれませんね。

まずは、お気軽にご連絡ください。

住まいの購入講座:購入したい物件にデメリットがある場合の進め方

気に入った物件にデメリットがあり、決断ができない、どう考えれば良いのかわからないという場合の進め方について、実際の事例もご紹介しながら説明したいと思います。

1つ目の事例は高台で擁壁の上に建っている一戸建てを検討されていたお客様です。

場所も金額、広さも気に入っていましたが、擁壁や地盤など大丈夫なのかと不安を感じていて先に進めない状態でした。

こちらについては、昔はどんな土地で、今回どうやって造成したのかや、地盤調査の結果数値、擁壁の状態、周辺のお家で傾いたり、ヒビが入ったりしていないかの確認をしました。

また、隣地や自分の敷地で将来建て替えがあった場合に、どのような工事が必要で、それによって物件や周辺のお家に何か影響が出る可能性があるかなども想定してみました。

Kaeru news 201906 kouza

2つ目の事例は、道路計画が敷地の一部にかかっていて、どう判断すれば良いのかわからないという状況でした。

こちらは、道路計画の詳細や本当に事業化される可能性があるのかを市役所などで調査をしました。

また、用地買収になった場合、買収後に面積が減った状態で、どのくらいの大きさのお家が建てられるのかなども計算しました。

そして、これらの内容をもとに、将来想定されるリスクやそれに対する備えにはどんなことが考えられるのかを、上記2件のお客様と一緒に共有させてもらいました。

結果的には、高台の擁壁がある物件を検討されていたお客様は物件を購入されて、都市計画道路の物件の方は見送りという結論になりました。

今回の物件のようにデメリットがある場合には、「大丈夫だと思いますよ。」と何となく言われても判断できないと思います。

必要なのは可能な限りそのデメリットの内容を知った上で、それらを許容できるかどうか、またそれでも購入したいと思えるかどうかを確認することだと思います。

今月の個別相談会より:準備をしっかりして、焦らないようにしたいですね Kaeru news 201906 soudan

今回のI様ご夫婦はお二人目のお子さんが生まれたのをきっかけに、ご主人もあと数年で40歳ということもあり、そろそろマイホームを購入したいという状況でした。

ただ、奥様が不安を感じていることがありました。

というのも、ママ友でお家を買った人がいたそうですが、すごいスピードで手続きが進んでしまい、不動産会社に言われるがままで、何が何だかよくわからない状態だったそうです。

それを聞いて「自分はそうなりたくい、しっかり準備したい」と思い相談にお越しくださいました。

そのママ友さんのような方は、結構多いのではないかと思います。

というのも、新築一戸建ての場合は、価格交渉と引き換えに即日契約が条件になったり、ほとんどの場合、契約から3週間以内で全ての手続きを完了させて引渡しとなるため、始まってしまうと、とにかく忙しいです。

また、気に入った物件が出てきたときには、営業マンから、「売れてしまわないように、すぐに申し込み、契約をしましょう」という流れになりやすいのです。

でも、ローンはどこの銀行のどんな金利タイプを利用するのか、頭金はいくらにするか、資金援助を両親に頼めるかな、共有名義にした方がいいのかな、などの大切なことをすぐに決める必要があります。

「こんなにたくさん決めることがあるのですね」とI様もびっくりされていましたが、時間が無い中だと焦るので、家族で話し合う時間もなく、後になってやっぱりこうすれば良かったとなりやすいです。

I様は、ローンや資金計画のことが何もわらかない状況だったので、まずは資金計画を立てて、ローンの事前審査をすることや、ご両親と資金援助、将来の同居可能性のご相談、実印作製と印鑑登録をするなどの準備をすることになりました。

やはり、物件を決めて契約するまでは、慎重に準備も時間をかけてしっかり行ったほうがよい思います。

そして、気に入った物件が見つかった場合には、他の人に先を越されることなく、準備万端の状態で流れに乗って不安なく、スピーディーに動いてもらえるように、今後もサポートをさせてもらいたいと思っています。

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
Kaeru news club annai banner

かえる不動産では、『かえる倶楽部』という無料会員サービスを行っています!マイホーム購入をお考えのかたに、ご希望の物件のお知らせサービスやメール相談などを行っています。また、購入されるまでの流れをまとめた「マイホーム購入を安心してすすめるためのガイドブック」などを郵送にてお送りしています。ホームページまたはお電話にてご登録下さい。

かえる倶楽部のご案内
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Kaeru news soudan
こたろう日記

「壊れたメガネ」の巻

先日、こたろうが学校から帰るとなにやら違和感が。。

ふと見ると、メガネの耳にかける部分(テンプルと呼ぶそうです)がひとつなくなっている。。

「メガネどうしたの!?」と聞いたら、「なんかメガネ拭いてたらポキっと折れた。けど、ちゃんと片方の耳にかかってるから大丈夫だし、逆になんかフィットする」とこたろう。。。

いやいやそのメガネ3月に新調したばかりですけど。。(涙)

フィットってなんなんだ^^;と思いましたが、本人はのんきなものです。

幸い保証期間内だったので、半額で作れることになり、また新しくメガネを作りました。

どれがいい?と聞くと「丸いやつがいい!」としか言わず、またも真ん丸メガネをかけて上機嫌。

以前クラスの女子に、丸い眼鏡に似合うねと言われたみたいです^^;

ちなみに、こたろうはどんどんのび太くんにそっくりになってきています(笑)

Kaeru news 201906 kotarou
今月のお客様の声:お声をいただきました!東村山市T様から

数ある不動産会社の中からなぜ当社をご利用頂いたのですか?

かえる新聞を読んだのがきっかけです。自分と同じように家を買うことを検討している方のお話が出ていて親近感がありました。

当社に対しての感想をお聞かせください。

不動産屋さんに行くのも初めてで、話をするのもあまり得意ではないので、ちょっと緊張しましたが、田中さんの癒し系(笑)の雰囲気もあって、気付いたらずいぶん長い時間相談していました。でも、おかげで頭の中が整理できて、自分たちにも家が買えるかもしれないと希望をもってスタートができました。最初から最後までとてもわかりやすく、かつ先回りをしてサポートしてくださり本当にありがとうございました。

Kaeru news kaeru

担当の田中より

初めて来店されたときは、とても緊張されていましたが、ノートに質問やわからないことなどまとめてきてくださったので、それを見ながらお話をしているうちに、あっという間に時間が経ちましたね。物件を見ているときにも、その都度わからないことをきさくに聞いてくださったので、スムーズに進めましたよね。私も段々とT様から質問がありそうなことがわかってきて、「何で私たちの考えていることがわかるのですか、、もしかしてエスパーですか?」と言われたときは、笑ってしまいましたね。私もT様と同じ方向を向いて、お手伝いができているのがわかって嬉しかったです!今度のお家は駅やスーパーにも近くですし、色々便利になって楽しみですね。