Button under menu
かえる新聞 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.75 2022年2月号

こんにちは。かえる不動産の田中です(^^)

今年はより健康に気を付けていこうということで、ちょっとしたダイエットを始めています。

といっても、週に1~2回朝から夜ごはんまで何も食べない、あとは、夜にお菓子を食べないというだけです。。(^^;

食べない時間を長くとって、胃腸を休ませるというのが目的なのですが、これが私には合っているようで、体が軽くて調子が良いです。

ただ、お客さんと話しているときなどにお腹がグウーっと鳴ってしまい、ちょっと恥ずかしかったりしますが。。(^^;

コロナ禍で収入に変動があったり、ローンを組むのが不安という方も以前より増えたのではないかと思います。

まずは、その不安を相談してからマイホーム探しを始めてみませんか?

お気軽にご相談ください。(^^)

かえる不動産の Youtube チャンネルはこちら

住まいの購入講座:夫婦で住宅ローンを組む場合について

ご夫婦で住宅ローンを組む場合には、いくつか方法があります。

まずはご主人が債務者で、奥さんは収入合算をして連帯保証人になる方法です。

もちろん、奥さんが債務者で、ご主人が連帯保証人ということでも同じです。

ただ、この場合、住宅ローン控除を受けられるのは、債務者になる方だけです。

また、債務者が亡くなった場合には、団信生命保険でローンは全て完済されることになります。

例えば、ローンはご主人だけでと考えていたけど、奥さんの収入を合算した方がローン審査に有利になる場合などに利用することが多いですね。

Kaeru news 202102 kouza

次に、ご主人と奥さんそれぞれ債務者になりローンを組む方法で、夫婦ペアローンと呼ばれたりしています。

こちらは、夫婦それぞローン控除が受けられるので、共働きでお互いにある程度収入がある場合にはメリットがあると思います。

ただ、団信生命保険については、例えばご主人が亡くなっても、奥さんのローンはそのまま残るという商品と、夫婦連生団信といってどちらかが亡くなった場合には、全てのローンが完済という商品もあります。

そのため、金利だけでなく、団信生命保険も含めてどの銀行の商品が良いのかなど比較検討した方が良いですね。

今月の個別相談会より:社宅の期限はあるけど、買うのが良いのかどうか。。。 Kaeru news 202102 soudan

前回も社宅にお住まいの方のご相談でしたが、今回も同じように社宅にお住まいで期限があるため、家の購入を検討されていたB様です。

「社宅を出て賃貸マンションに入るとなると、賃料がそれなりにするし、、だったら買った方がいいのかな、でも、年齢もいっているしな。。」

B様のお話しを聞いていると、退去期限までに家を買うしかないかな??という消去法で方向性を考えているように思いました。

そこで、まずは、「退去期限までに買う」という前提にしないで、賃貸マンションに住む、お子さんが独立してから夫婦で住む小さめの物件を購入する、ご実家を2世帯に建て替えるなどのケースで、メリット、デメリット、支払い額などをそれぞれみていきました。

「なるほど、色々と選択肢がありますね。ちょっと視野が広がって気分が楽になりました。」

消去法で考えて家を買うしかないのかな、、と考えると楽しくもないと思いますし、その状態で物件を決めのも大変ですよね。

今回のご相談をきっかけに、こうやって暮らしたいなという前向きな気持ちから、方向性が決まってくれたらいいなと思います。

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
Kaeru news club annai banner

かえる不動産では、『かえる倶楽部』という無料会員サービスを行っています!マイホーム購入をお考えのかたに、ご希望の物件のお知らせサービスやメール相談などを行っています。また、購入されるまでの流れをまとめた「マイホーム購入を安心してすすめるためのガイドブック」などを郵送にてお送りしています。ホームページまたはお電話にてご登録下さい。

かえる倶楽部のご案内
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Kaeru news soudan
こたろう日記

「こたろうシャーペンにこだわるの巻」の巻

最近、文房具にこだわっているこたろうですが、何故か筆箱だけは小学校時代から使っている外側が既にボロボロになっている筆箱を愛用しています。

塗装がポロポロになっているので筆箱は買わなくて大丈夫?と聞いたところ、「俺、この筆箱すごい好きなんだよね。だからずっと使うって決めているんだ!!」と宣言。。

しかし、冬休み中に立ち寄ったリサイクルショップで「父ちゃん!これ買いたいんだけど!俺さ、筆箱もうボロボロだからさ、これに変えたいんだよね」と。。。

瞬速で以前の筆箱を裏切ったこたろうですが(笑)、持ってきた筆箱にはデカデカとかえるのリアルな絵が。。。

帰宅後、よく見てみると筆箱に「IPPEI-KUN」の文字。

なんかのキャラなのかなと思い調べてみると、愛媛FCのマスコットをやったり、Twitterのアカウントもあって、なかなか面白い活動をしていて、愛媛県では有名なようです。(*^-^*)

Kaeru news 202102 kotarou
今月のお客様の声:お声をいただきました!東村山市A様から

数ある不動産会社の中からなぜ当社をご利用頂いたのですか?

かえる新聞が楽しみでいつも読んでいました。家を買う時は行ってみたいと思っていました。

当社に対しての感想をお聞かせください。

田中さんが親切で、ローン申請や追加工事、引っ越しの手配までやってくれて、買ってからも確定申告のお手伝いもしてくれて、何から何までお世話になりました。不動産屋さんは、家を売ったらそこで終わりだと思っていたけど、田中さんにお願いして本当に色々と助かりました。これからもよろしくお願いします。

Kaeru news kaeru

担当の田中より

相談会に持って来られたノートには、質問やわからないことがたくさん書いてあって、それらをひとつずつ解消してくのが、楽しかったですね。その後も物件を見に行っても、質問などきさくにその場で聞いてくださるので、私もより親身になれました。ただでさえやることが多い家の購入なので、売買の手続き以外にも、私がお手伝いできることは、させてもらいたいと思っていました。今後も住んでいてわからないことなどありましたら、お気軽にご連絡くださいね。(^^)

過去記事のタイトル一覧