Button under menu
かえる新聞 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.66 2020年5月号

こんにちは。かえる不動産の田中です(^^)

息子は学校がお休みで、一日中ほとんど家にいるのですが、縄跳びだけは毎日欠かさずやっているようです。

最初のころはすぐ引っかかったり、バテたりしていましたが、つい先日一緒にやったら、力が抜けてずいぶんうまくなっていて、「あれ、父ちゃん、もうバテたの?」なんてバカにされました。。

私は力みすぎていますが、いかに脱力しながら続けられるかがポイントですね。

息子を見習って練習したいと思います。^^;

なかなか動きづらい時期ですので、ネット検索で物件を探したり、ご家族でお家のことをお話しする時間が増えているのではないでしょうか。

ネットで検索してもわからないこと、モヤモヤしていることなどありましたら、お気軽にご連絡くださいね。(^^)

住まいの購入講座:資金計画の検討は物件を探す前がおすすめ

今回は資金計画を立てるタイミングについてです。

資金計画は物件を決めてから考える方が多いのですが、できれば物件を本格的に探す前にきちんと計画を立てておいた方が良いと思います。

というのも、「この物件がほしい」→「返済はいくらにになるのだろう」という順番になると、その物件を買うことが前提になってしまい、「自分たちはどのくらいの借入額にするのが良いのか」という視点で計画を立てにくくなります。

住宅ローンというのは、「MAXでいくらまで借りることができるか」は比較的簡単に計算できます。

ただ、「返済できる現実的な借入金額」は家族構成、給与体系、考え方などよって人それぞれです。

Kaeru news 202005 kouza

また、最近はローン事前審査が通ってからでないと契約をしないケースも増えています。

事前審査も多少時間がかかるため、その間に他の人に買われてしまうなんてこともあります。

また、審査に出して万が一ひとつの銀行でNGが出ても、他の銀行で再審査したらOKということもあります。

いずれにしても時間に余裕のあるときに、準備をしておく必要があります。

資金計画は現実的なことを考えなければならないし、物件探しをしている方が楽しいので、後回しにしてしまいがちになります。

でも、いざ資金計画を立ててみたけど、予算を上げないと物件がなかなか見つからないという場合もあるかもしれません。

そんなときでも、先に資金計画を立てて自分の身の丈をわかっていると、予算を上げることを楽観的に考え過ぎることなく、慎重に検討できるようになると思います。

今月の個別相談会より:新築は予算的に厳しいから中古を考えています。 Kaeru news 202005 soudan

今回のM様は40歳のご夫婦とお子さん2人の4人家族。

家を本格的に探したいけど、新築は高そうだし、中古が良いかな、、でも実際のところどうなのだろうかといろいろ考えてしまい、なかなか動けずにいたそうです。

M様のように新築=高い、だから中古の方が良いかな?というご相談は結構多いですね。

実際に物件を見に行き、新築と中古を比較してみたのですが、見終わった後のM様の感想は「新築はわかりやすいけど、中古は1つ1つ違って見極めが難しい」ということでした。

中古一戸建ての場合、それぞれ建物のコンディションが違って、どのくらいメンテナンスが必要なのかわかりにくい、でも、オーナーさんと会って話を聞いたりもできるのは安心だったりもします。

不動産営業マンとしても、新築の方が取り扱いをしやすいと思うのですが、建物やリフォームの知識も必要になる中古一戸建てのお手伝いこそ、営業マンの腕が試されますね。

今回のM様は、年齢のこともありローンを組むのに不安をお持ちなので、できるだけ借入額を抑えたいという意味では中古の方が良いかもしれません。

ただ、リフォームやメンテにすごくお金がかかってしまっては、本末転倒です。

物件ごとのコンディションをある程度見極めた上で、これは良さそう、これは見送ろうという判断をM様がしやすくなるようなアドバイスができるように、仲間の工務店さんなどにもサポートをお願いしながらお手伝いさせてもらいたいと思っています。

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
Kaeru news club annai banner

かえる不動産では、『かえる倶楽部』という無料会員サービスを行っています!マイホーム購入をお考えのかたに、ご希望の物件のお知らせサービスやメール相談などを行っています。また、購入されるまでの流れをまとめた「マイホーム購入を安心してすすめるためのガイドブック」などを郵送にてお送りしています。ホームページまたはお電話にてご登録下さい。

かえる倶楽部のご案内
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Kaeru news soudan
こたろう日記

「こたろうの入学式」の巻

息子のこたろうが中学生になりました。

こたろうの中学はブレザーなのですが、こたろうは保育園・小学校と制服を着たことがなくフォーマルな格好も嫌がるため、万年、ゴムパン・ジャージでした。

なので、妻が中学校になったらスラックスにベルトなんて、トイレが近い子だから 漏らすんじゃないか?はたまた、粗相をしてしまうのではないか?と心配しておりました。。

「慣れるから大丈夫だよ!」と言っても、トイレの仕方だけでも教えてあげてほしいとお願いされたこともあり、入学式前日に制服を着てトイレをする練習をしました。(笑)

こたろうは慣れていないので、ベルトを全部はずしてしまい、ぶかぶかのズボンがストンと落ちて、おけつが丸出しになったりして笑っていましたがなんとか教えました。

そして、翌日の入学式後、「父ちゃんのおかげでトイレちゃんとできたよ!おしり出しちゃってる子もいたから教えてあげたよ。」と感謝されました。

お役に立てて何よりでした^^;

Kaeru news 202005 kotarou
今月のお客様の声:お声をいただきました!東村山市I様から

数ある不動産会社の中からなぜ当社をご利用頂いたのですか?

10年前の実家の購入時に両親がとってもお世話になり、将来私が家を買うときも、田中さんにお願いしたいと家族で話していました。

当社に対しての感想をお聞かせください。

田中さんは当時と変わらずソフトな感じで、ストレスなく私達夫婦も家を決めることができました。びっくりしたのは、次にこのことを相談しようとか、ここ不安だなと思っていることを、こちらが言わなくても教えてくれるのです。母に話したら、共感してくれて、当時からそうだったのですね。スムーズに進んで、あきらめていた子供の入園時期もにも間に合い本当に良かったです。

Kaeru news kaeru

担当の田中より

当時は学生さんで、10年ぶりにお会いしたら、2児の母になっていてびっくりしましたよ。ご実家との距離や、ご両親の意見なども聞きながら、今回の物件に辿り着きましたが、人気物件だったので、売れてしまうかな、どうかなとちょっと心配もありました。でも、そこは迅速に決断されて、本当にすごいなと思いました。ご夫婦共働きでこれからもお忙しいと思いますが、ご実家ともほどよい距離でこれからは、お母様のサポートも期待できそうですね。^^;親子2代で私を選んでいただき本当に嬉しかったです。ありがとうございました!