Button under menu
かえる新聞 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.44 2018年7月号

こんにちは、かえる不動産の田中です。

ついに、犬を飼い始めました!

はじめて犬を飼うので、右も左もわからず毎日てんやわんやです(汗)
けれど、大変さを吹き飛ばすくらいかわいいです!(^^)

名前は、「ちい太」といいます。

これから、ちい太のことはこたろう日記と合わせてちょこちょこ書いていくので、こたろう共々よろしくお願いします!

住まいの購入講座:頭金と毎月返済額について

マイホーム購入で、頭金が少ないけど大丈夫かなと思うこともあるかもしれませんが、実はそれよりも大事なことがあります。

それは、「毎月返済の金額で無理をしないことです。」

ちょっと極端な例ですが、頭金をたくさん準備したとしても、毎月の返済額に余裕がないようならもっと頭金を用意するか、借入額を減らして毎月返済額の負担を軽くするほうが良いです。

また、もし頭金がゼロでも、毎月の返済額に余裕があれば問題はないと思います。

ただ、頭金が少ない場合には、ローンの審査で希望額まで借りられなかったり、金利の下げ幅が少なくなってしまうこともあります。

理想を言えば、マイホームを購入する際に必要になる『諸費用』(物件価格の8%程度が目安です)分をご用意できるか、できないかで審査が通りやすいかどうかの一つのラインになります。

ただ、どうしても諸費用分を用意できない場合でも、あきらめないでください。

『頭金0円で購入できます!』と、よく色々な不動産広告等に書いてある通り、審査が通ることはよくあります。

そのため、不動産会社で物件を本格的に探す前にローンの事前審査をして、金融機関の承認をとっておくと安心して探せます。

Kaeru news 201807 kouza

また、『手元に資金はあるけれど、家の購入に全部使ってしまうと心配。できれば頭金は少なくして、手元にある程度の金額を置いておきたい』というご相談もあります。

この場合も考え方は同じで、毎月の返済額に無理がなければ、頭金は出さずにローンで借りてしまい、手元に資金を残しておくのが良いと思います。

引っ越しや家電、家具の購入なども終わり、気持ちに余裕ができたら、手元の資金を使って繰り上げ返済をしていけば良いのではないかと思います。

実際に私自身も家を購入するときにそうしましたが、貯金を一度に頭金として入れてしまうよりも、気分的に楽でした。

また、繰り上げ返済ってそんな簡単にできるの?と思われるかたもいると思いますが、実際はすごく簡単です!

一部繰り上げ返済は、スマホでも簡単に手続きができて、ほとんどの銀行で手数料が無料です。(ちなみに昔はその都度手数料が必要でした)

最後にもう一度、頭金の金額よりも、毎月の返済額で無理をしないことが重要です!

今月の個別相談会より:家は購入したいですが、もう歳なので色々不安があります。。 Kaeru news 201807 soudan

今回のお客様は、東村山にお住まいのご夫婦。「転勤が多く買うタイミングを逃してしまい、私(ご主人)がもう50歳になりました。ローンを組めるのか、可能だとしても払えるのか不安でなかなか話が進みませんでした。。」というご状況。

転勤が多いとお家を買うタイミングは難しいですよね。

今回のお客様は家賃を10万円以上払っていることや、お子さんの高校受験も2年後に控えていて、できれば早めに家を購入して、落ち着きたいというご希望です。

心配されていたのは、50歳でもローンは借りられるのかどうかと、仕事をリタイヤしたタイミングでローンが完済できるのかどうかということでしたので、それぞれ細かくみていきました。

まず、ローンですが、頭金もお持ちでしたし、勤続年数も長いため、50歳であってもローン審査は問題なさそうです。

ただ、60歳以降は働いていたとしても、収入が下がる可能性が高いので、何とか60歳までに完済したいというご希望が実現できるかどうかです。

そのため、借入金額や繰り上げ返済の間隔や回数、退職金から返済にいくら充てる必要があるのかを計算してみました。

すると、月々返済の他に年間30万円ずつ繰り上げ返済をしながら、60歳になったときに、退職金から550万円を返済に充てて完済する計画なら、教育費を考慮しても返済できることがわかりました。

「おー、すごい!こんなに詳しく計画が立てられるものなんだ。あとは毎年地道に繰り上げを頑張るしかないですね!」

ローン審査が問題ないことや、完済までの計画が見えてきて、ローンの不安はだいぶ解消してもらえたのではないかと思います。

そして、これから物件を見ていく中で、「この家いいけど、ちょっと予算オーバーだよね。。」ということもあると思うのですが、そのときにこの資金計画がきっと役に立ってくれるのではないかと思っています。

というのも、もし、どうしてもそのお家が欲しくて、借入金額を上げたいと思ったときです。

そのときに月々返済を増やすのか、それとも繰り上げ返済、退職金からの充当を増やすのかなどを今回の計画をベースにして検討できます。

家を買うときには気持ちが盛り上がるので、頑張れば何とかなるだろうという気持ちになりやすいです。

そんなときこそ、これならやっていけそう!という自分の体力に見合った資金計画に立ち返り、冷静に判断をすることが大切だと思います。

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
Kaeru news club annai banner

かえる不動産では、『かえる倶楽部』という無料会員サービスを行っています!マイホーム購入をお考えのかたに、ご希望の物件のお知らせサービスやメール相談などを行っています。また、購入されるまでの流れをまとめた「マイホーム購入を安心してすすめるためのガイドブック」などを郵送にてお送りしています。ホームページまたはお電話にてご登録下さい。

かえる倶楽部のご案内
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Kaeru news soudan
こたろう日記

「こたろうに弟犬ができるの巻」の巻

この度、家族が増えました(^^)

かねてから、こたろうが切望していたわんちゃんをついに家族に迎えました!

名前は『ちい太』で、ロングコートチワワの男の子です。

本当は、『こじろう』にしようと思っていたのですが(笑)、こたろうから却下されました。。

こたろうが自分で名付けると張り切っているので、思い入れも強くなるだろうし、命名を任せることにしました。

悩みに悩んで、名前が決まったよーと嬉しそうに報告してきました。

彼いわく、「ちい太」は頭にぽこっと急に浮かんだそうで、『チーターみたいに早く走れるように!!』という願いを込めたそうです、、チワワなんですが(笑)

当初、僕は子供の頃に散歩させたことのあるポメラニアンが可愛いなあと思ったりしていたのですが、ちい太は抱っこしたときに、ビビッときました。

何というか、とても良い子なのですが、ちょっと目が死んでて(笑)、その虚ろな表情がとてもかわいくて家族全員忘れられず。。。。

ただ、少し身体が弱いところがあるというのを聞いていたので、はじめて犬を飼うのにこんな僕たちで面倒見きれるのかなと心配になり、一度は諦めかけました。

ですが、その後、どの犬を見ても彼が忘れられず、『身体が弱くても大切に、覚悟して育てよう』と家族全員で決め、ちい太を迎えることにしました。

ですが、心配もなんのその、とっても元気でまるでチーターのように家の中をぐるぐると走り回っています(^^)

こたろうお兄ちゃんは、最初は抱っこもたどたどしかったのに、今ではちい太の兄の自覚があるのか、お散歩もグイグイ連れていきます(汗)

こたろうがたくさん遊んでくれるので、ちい太もコタロウが帰ってくると、なんだか嬉しそうです(^^)

チイ太は、これからちょくちょく出てくると思いますので、こたろう・ちい太コンビを宜しくお願い致します!

Kaeru news 201807 kotarou
今月のお客様の声:お声をいただきました!今月はお休みですから

数ある不動産会社の中からなぜ当社をご利用頂いたのですか?

今月はお休みです

当社に対しての感想をお聞かせください。

今月はお休みです

Kaeru news kaeru

担当の田中より

今月はお休みです