Button under menu
かえる新聞 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.42 2018年5月号

こんにちは、かえる不動産の田中です。

GWは晴れて良かったですね(^o^)

暑すぎるくらいでしたが(汗)

僕は、物件案内時にけっこう日焼けしてしまいました^^;

レジャーもいいいですが、物件を見て回るのも色々発見があって楽しいですよ!

段々と梅雨が近づいています。

梅雨入りする前に気になる物件は日当たりなどチェックすることをおすすめします。

物件見学やご相談などお気軽にお問い合わせください(^^)

住まいの購入講座:両親からの資金援助と贈与税について

「両親からの資金援助を検討しているのですが贈与税などはかかるのですか?」と質問を頂くことがあります。

家を購入する場合には、贈与の非課税枠というものがあり、これをうまく利用することをおすすめしています。

例えば、両親や、祖父母からマイホーム購入ための資金を援助してもらう場合には、最大1,200万円が非課税で、贈与税の基礎控除の110万円も合わせて利用すると、1,310万円まで非課税になります。

そのため、ご夫婦でそれぞれの両親から贈与を受ける場合には、最大で2,620万円が非課税になります。

ただ、この非課税制度は、確定申告が必要であったり、最大金額まで利用する場合には、購入するお家が住宅性能評価で一定の基準をクリアしていることなどの要件があります。

中古一戸建の場合には、一定の性能評価基準をクリアできない場合もあり、その場合には1,200万円の枠が700万円になります。

そのため、利用する際には購入前に確認が必要です。

Kaeru news 201805 kouza

また、非課税枠を超えるような贈与額になる場合には、相続時精算課税制度というものもおすすめです。

これを利用すると、2,500万円までの贈与であれば非課税になります。

ただ、この相続時清算課税制度を利用してしまうと、毎年の110万円の贈与税基礎控除はもう使えなくなります。

また、将来ご両親から相続を受ける際に、相続税が課税されるくらいの財産をお持ちの場合は、マイホーム購入で贈与を受けた資金も合わせて相続税が課税される可能性があるので、注意が必要です。

このあたりのメリット、デメリットについても、ご両親とご相談されながら決めるのが良いと思います。

また、夫婦でそれぞれ贈与を受けた場合には、購入する家を資金の割合に応じて共有名義にする必要もあります。

例えば、物件価格が3,500万円で、夫が両親からの贈与で1,150万円と夫名義の住宅ローンが2,000万円(夫の合計3,150万円)、妻が両親から350万円(妻の合計350万円)の贈与を受けて購入する場合には、夫が10分の9、妻が10分の1という割合で共有名義にする必要があります。

前月号でもご紹介しましたが、夫婦共有名義にする場合には、住宅ローン審査時や売買契約書等の書類にも夫婦連名で署名等が必要になります。

そのため、両親からの資金援助がある場合や、夫婦共有名義になる可能性がある場合には、早めにお話し合いをしておくことをおすすめします。

今月の個別相談会より:特に期限はないけど、そろそろ家の購入を考えようかな。。。 Kaeru news 201805 soudan

今回のお客様は、東村山にお住まいの30歳のご夫婦と1歳のお子さんの3人ご家族です。

「今、住んでいる賃貸マンションは駅からも近く、広さも特に不満はないですね。ただ、会社の同僚や幼稚園のママ友も家を買っているし、期限はないけど、そろそろ自分たちも考えようかなと。」

実は、こういう状況のお客様がいちばん多いですし、この状態で家の購入を決断するのはとても難しいことなんです。

やはり、何千万円もするものを購入しようと決断するのはとても勇気がいりますし、今の住まいに不満があったり、明確な目的や動機があった方がスムーズに動きやすいです。

ただ、見方を変えれば、時間的にも余裕がありますし、「買わなければいけない」と思うとマイホーム探しも辛くなってしまいますが、今回のお客様の場合は、選択肢もたくさんあるので、マイホーム探しを楽しんでもらいたいなと思いました。

まずは大体の予算を立てるために、ローンや頭金をどうするかの資金計画を立ててみました。

次に間取りや築年数、中古か新築かなどお聞きしましたが、「う~ん。。」と考え込んでしまうこともあり、いまいちピンときていないご様子。

というのも、物件を実際にまだ見たことがないため、イメージがわかなかったそうです。

そこで、ガイド付きの物件見学ツアーだと思って、一度物件を見に行きませんかと提案しました。

「そんなことしてもらっていいのですか?」と恐縮されていましたが、やはり物件は実際に見てみることが必要です。

思ったより良かったとか、イメージと違うとか現地を見たからこそわかることも多いです。

買うかどうか決めなければいけないという物件案内とは違って、はじめて純粋に物件を見て回るというのはとても楽しいものだと思います。

私もお客様がどんな反応されるのか楽しみです!

お客様より相談会のご感想

「家は欲しいけど、漠然としていた感じでだったので、この相談会で一歩踏め出せた感じです。物件を見たいなとは思っていたけど、なかなか動けずにいたので、ガイド付き物件案内ツアーはありがたい提案ですね。」

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
Kaeru news club annai banner

かえる不動産では、『かえる倶楽部』という無料会員サービスを行っています!マイホーム購入をお考えのかたに、ご希望の物件のお知らせサービスやメール相談などを行っています。また、購入されるまでの流れをまとめた「マイホーム購入を安心してすすめるためのガイドブック」などを郵送にてお送りしています。ホームページまたはお電話にてご登録下さい。

かえる倶楽部のご案内
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Kaeru news soudan
こたろう日記

「こたろう犬を飼いたい!!」の巻

以前からずっとねだられていたワンちゃん^^;

最初は犬を飼ったこともないし、犬との生活が想像出来ず無理だよと言っていたのですが。。

周囲からも『一人っ子だし、こたろうくんにとっても良いんじゃない』と言われたり、 僕自身がお客様の犬などと触れ合ううちに『可愛いな。うちにいたらどうかな』と考えるようになりました。

でも、なかなかいざ腰を上げるに至っては無かったのですが、GWにこたろうがどうしても犬を見に行きたいというので、ペットショップに行ったところチワワの子犬がいて(~-~) 抱っこすることに(~v~)

『。。あれ?何これ。この感覚は・・・こたろうがまだ新生児のときよくこうやって抱っこしてたなあ。。。(ー_ー)』

と、トリップしてしまい僕の中の母性?がじわじわときました(笑)

やっぱり、見に行くと欲しくなってしまいますよね^^;

けれど、見に行く前と後とで大分印象も変わったし 飼うにあたって、見るべき特徴や用意すること心構えなどいろいろ準備が必要だと感じました。

なんとなく、家探しに似ているなと思います。

まだ、初めてなのですぐに飼うとは決まってないですが、いろいろ検討して 一生添い遂げられる子を、こたろうとさがしていきたいなと思います(*^^*)

ちなみに、こたろうは抱っこした犬を全部飼いたいといっていました(汗)

Kaeru news 201805 kotarou
今月のお客様の声:お声をいただきました!今月はお休みですから

数ある不動産会社の中からなぜ当社をご利用頂いたのですか?

今月はお休みです

当社に対しての感想をお聞かせください。

今月はお休みです

Kaeru news kaeru

担当の田中より

今月はお休みです