Sp sell column button
不動産売却通信 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.3 2013年5月号

こんにちは、かえる不動産の田中です。

売却のお手伝いをしていると、そのご家族の思い出や歴史をお家の中で感じることが多いです。

お子さんの身長を測った柱のきずや、物置にしまってそのままになっている小さい時の遊び道具など。

気づくと査定に行ったにもかかわらず、ご家族の思い出話ばかり聞いてしまうことも。。。

でも、私にとっては物件のことや、売主様のご希望やご状況を理解するためのとても大切な時間になっています。

住まいの購入講座:売却を任せる不動産会社選びのポイント2

家を少しでも良い条件で売却する為のノウハウをいくらたくさん身につけたとしても、実際に販売活動をしてくれる不動産会社選びを失敗すれば全てが台無しです。

あなたの不動産売却活動がうまくいくかどうかは、不動産会社選びで決まってしまうと言っても過言ではありません。

さて、今回は不動産会社を選ぶポイントの2つ目をご説明します。

それは、「会社だけでなく、担当者の印象や相性もひとつの判断基準にする」ということです。

売却を考えるときには、チラシやホームページで会社のポリシーや得意分野、規模等を見て相談や査定をする会社を選ぶことが多いと思います。

その結果、例えば大手不動産会社と地元の中小不動産会社に声をかけたとします。

それらの不動産会社の担当者に会って相談や査定を依頼したときには、担当者との相性や、自分が任せたいかどうかということも、判断材料にしてください。

Baikyaku news 201305 kouza

不動産業界には特色があり、大きな会社も小さな会社もひとりの担当者が、販売からお引渡しまでのお取引をお手伝いします。

そして、実際の販売活動は、担当者が基本的にはひとりで全てを行います。

そのため、会社のポリシーなどに共感できても、その担当者には任せたくない、相性が合わないという場合は、思い切って担当者を変えてもらうようお願いをする、または売却の依頼を見送るという判断も時には必要です。

不動産会社の担当者は、売却の成立、安全な取引をするための大切なパートナーになります。

会社の姿勢やポリシーなどに共感できるかどうかは、とても大切なのですが、同時に担当者が自分達にとって一番ふさわしいパートナーなのか、自分達の気持ちを理解してくれるのか、頼れるのか、そのあたりを最終的に売却を任せる会社を決める際のひとつの判断基準にすることが大切です。

今月の個別相談会より:売却をして住宅ローンが完済できない場合、自己資金で補填して売却をするべきか?それとも売らずに自己資金を繰り上げ返済に充てて月々返済を減らすべきか? Baikyaku news 201305 soudan

今回のお客様は、ご主人のお給料が下がってしまい月々の返済がきつくなってしまったそうです。

そこで、売却を考えてみたものの、売却してもローンが残ってしまいそうで、手元にある資金を補填してでも売却するべきか?

それとも手元資金を繰り上げ返済にまわして、月々返済額を下げて売却せずに何とか住み続けるべきか?と悩まれていました。

お話をお聞きすると、せっかく買った一戸建で、お子さんも奥様も近所にお友達もいるし住みやすいので、できればお引越しはしたくないというお気持ちでした。

そのため、何とか売却しないで住み続けるにはどうしたら良いのかを考えてみました。

月々の返済額を下げるには、繰り上げ返済をして元金を減らすのがシンプルですが、お給料が下がってしまったことや、お子さんの受験も数年後にひかえているため、手元の資金が減るのは最小限に抑えたいという状況。

そのため、まずは銀行に事情を説明して月々の返済額を下げてもらう相談をしてみることをご提案しました。

また、銀行へ相談する際に、どのくらいの返済額に下げてもらうのか、また、返済金額を下げる分、残りの返済期間をどのくらい伸ばすのかなどもあらかじめ計算して、銀行で少しでもお話がスムーズに進むように打ち合わせをしました。

結果としては手元資金の一部を使って繰り上げ返済をした上で、それ以上に毎月返済額を下げてもらえることになったと、お電話をいただきました。

よかったです!

これでひと安心ですね。(^^)

こたろう日記 第1回 はじめまして、こたろうです
Baikyaku news 201305 kotarou

私にはこたろうという一人息子がいます。

ただいま保育園の年長さんです。

最近、ますます口が達者になり、初めての子育てなので私も毎日試行錯誤しています。

そんなこたろうの思わず笑ってしまった、じーんと励まされたことなど、親ばかですが、お伝えしたいと思い、これから「こたろう日記」を書いていこうと思います。

まず第1回目は、彼の生まれた日から振り返ってみたいと思います。

今でこそ、わがまま放題の彼ですが、産まれたその瞬間から親孝行な息子です。

というのも、ちょうど出産予定日にどうしても外せない仕事が入ってしまい、、立会い出産の予定だった為、妻のお腹にいる彼に、「お店の定休日に産まれて欲しい」と頼んだところ、何ということでしょう、まさにそのお願いした僕の休みに合わせて産まれてきてくれたのです!!

無事に産まれて感動したのはもちろん、一方的なお願いを聞いてくれた息子に涙がでました。

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Baikyaku news soudan
電話でも売却の相談&査定行っています

お電話でのご相談と簡易査定を無料で行っています。会話をするほどじゃないけれど、聞いてみたいことがある。お電話でもメールでも大丈夫です。まずはモヤモヤをすっきりさせてください。

Baikyaku news kaeru