Sp sell column button
不動産売却通信 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.77 2019年9月号

こんにちは。かえる不動産の田中です(*^^*)

朝晩涼しくなり、ようやく過ごしやすくなってきましたね。

夏バテ気味で食欲のなかった愛犬のちい太が、最近はよく食べるようになりました。

しかし、肥満傾向にあるのでがっつきっぷりが怖いです。。。

9月は他社さんに聞いてみても、全体的に物件がよく売れたようです。

毎年9月~12月の上旬までは物件がよく動く時期です。

この機会に動いてみるのも良いかもしれませんね。

お気軽にご相談ください(^^)

住まいの購入講座:住宅ローン返済中に売却をする場合

家を売却しようとしたときに、住宅ローンが残っている場合は、売却をして全額完済をする必要があります。

理由は、住宅ローンを借りている間は銀行が抵当権というものを設定していて、家が担保に入っているからです。

この抵当権は全額完済をして、銀行が担保を外してくれないと、買主さんに名義を変えることができないのです。

ただ、買主さんが決まる前に完済する必要はなく、お家の売却代金で完済すれば大丈夫です。

そのため、住宅ローンが残っている場合には、いくらで売れるのか、その金額で完済できるのかどうかを、売り出し前に確認することが必要です。

Baikyaku news 201909 kouza

例えば、住宅ローンの残債が2,000万円の場合、売却時に必要な諸費用(仲介手数料と担保解除登記費用等)が約75万円だとすると、2,075万円で売れるとプラスマイナス0になります。

上記の場合で、もし物件を1,800万円で売却する場合には、275万円を補填する必要があります。

そのため、いくらで売れるかによっては、資金の準備が難しく、売りたくても売れないということもあります。

また、売却して、新居を購入をするいわゆる住み替えの場合は、残債のマイナス分を購入する物件の住宅ローンに上乗せできる住み替えローンという商品を利用することができます。

ただこの住み替えローンは審査がありますので、動き始める前に事前審査の承認をもらっておくことが必要なのと、上乗せをしても返済ができるのかなども確認しておく必要があります。

今月の個別相談会より:住み替えに妻がなかなか賛同してくれません。。 Baikyaku news 201909 soudan

今回ご相談にお越しくださったのは40代のS様ご夫婦。

10年前に購入された一戸建てにお住まいですが、お子さん2人が大きくなってきて、ご主人がもう少し広いお家にお住み替えをしたいというご希望でした。

そもそもお家をお持ちなのになぜ?と思いましたが、新婚のときに利便性を優先して駅から近いコンパクトな間取りのお家を購入されていました。

ご主人はここまで狭くなると思わず、今のお家にご不満だそうです。

一方、奥様は住み替えにあまり乗り気ではないようで、「狭くても家族みんなが少しずつ我慢すれば、何とか住めますし、せっかく今の生活に慣れたのに、またローンを組んで一からなんて。。。」と不安そうです。

ご夫婦でのお話し合いが進まないそうですが、それもよくわかります。

ご主人は、新居候補の物件の広さや間取りについては、ネット等で色々調べているようでしたが、現実的なローン返済などはまだあまり検討していないようでした。

そのため、売却した場合に残債が残る可能性や、もしそのマイナス分を購入のローンに上乗せした場合の返済額、お子さんのこれからかかる教育費、退職時期などを踏まえて資金計画を立てました。

一方、奥様はまだ物件を見たことがなく、実際に見たらご自分がどう思うかも確認したいということで、次回試しに見に行ってみることになりました。

S様が最終的に住み替えをするか、しないかはまだわかりませんが、この先、ご夫婦で話し合いをされる際の材料として役立ってくれたら嬉しいです。

こたろう小学校最後の運動会
Baikyaku news 201909 kotarou

先日、こたろうの小学校最後の運動会がありました。(^^)

夏休み明けから、運動会の練習が始まり、6年生は高度な組体操をしなければならず、夏休みボケのこたろうはクタクタで毎日へたばっていました。

組体操の中でも、肩車がなかなかできないということで悩んでいたので、「じゃあ、一緒に練習してみようよ!」とつい言ってしまいました。。。

聞くと、こたろうは肩車で上に乗る方だそうで、、(けっこう体重あるような気がするけど。。)この時点でやっぱりやめておけば良かった。。

「じゃあ、乗ってみて」とついやってしまったら。。。。

重い。。。。とても重い。。辛い。。

こたろうは予想よりもはるかに重く、ああ、こんなに重くなったんだなと体感しました(笑)

無理をしたので、しばらく首が痛かったですがそのおかげか、次の練習の時には、肩車ができたようで「父ちゃんできたよ!」と嬉しそうに言ってきました。

本番もなんとか成功し、なんとも感慨深かったです!

それにしても、肩車の下の子はこたろうと体格変わらなかったけど、、大丈夫だったのかなあ、、とついつい心配してしまいました。

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Baikyaku news soudan
電話でも売却の相談&査定行っています

お電話でのご相談と簡易査定を無料で行っています。会話をするほどじゃないけれど、聞いてみたいことがある。お電話でもメールでも大丈夫です。まずはモヤモヤをすっきりさせてください。

Baikyaku news kaeru