Sp sell column button
不動産売却通信 東村山・小平・東久留米の不動産売買専門:かえる不動産がお届けします

Vol.61 2018年5月号

こんにちは、かえる不動産の田中です。

カツオが美味しい季節になってきましたね!

私は昔、魚屋さんのアルバイトをしていたのですが、カツオを担当していました(^^)

その時に漬け丼、カルパッチョなめろうなど色々試しましたが、おろしニンニクと醤油につけて食べるのが一番美味しかったです。

先日、コタロウと食べたトロカツオも絶品でした!

売却の無料個別相談会を毎日行っております。

売るのは決まっていないけど、どうするのが良いのか相談したいという場合もお気軽にご連絡ください。(^^)

住まいの購入講座:成年後見人制度と家族信託制度

「母が認知症になってしまい、施設へ入るための資金を得るために、母名義の実家の売却を検討しています。」

このような場合、売却活動を始める前に、成年後見人の申立て手続きを家庭裁判所にする必要があります。

というのも、お母様ご本人は、意思判断ができないため、代わりに裁判所から選任された成年後見人が売却の手続きを行えるようにするためです。

例えば、お母様の介護をしているご長女が、成年後見人になりたいという場合でも、裁判所での審査があります。

もしご長女が成年後見人に選ばれたとしても、後見人を監督する後見監督人(弁護士、司法書士等の専門家)をつける必要があると判断されることも少なくないようです。

その場合には、監督人に毎月報酬を支払う必要も出てきます。

また、成年後見人の申立手続きには最低2~3ヶ月かかるようなので、利用する場合には、司法書士さんなどの専門家に早めに相談することをおすすめします。

Baikyaku news 201805 kouza

このように成年後見人制度は、利用するのにも色々とハードルがありますが、そこでおすすめなのが家族信託です。

これは、親御さんが元気(意思能力があるうちに)なうちに、財産の管理(不動産売却も含む)をお子さんに託す制度です。

家族信託をしておけば、その後、親御さんが認知症になり、意思能力がなくなってしまっても、お子さんがお金の管理や不動産売却などを行うことができます。

当社でも家族信託を利用して、売却活動をしている物件があります。

お母様お家の売却を含む財産の管理、処分をご長女に家族信託を利用してお任せしています。

そのため、この先、万が一お母様が認知症などで意思能力がなくなっても、成年後見を利用せずに、そのままご長女が売却の手続きを進めることができます。

家族信託は親御さんが認知症などになって、意思能力がなくなってしまってからでは信託契約を締結することができません。

そのためお元気なうちに家族信託も選択肢に入れて、ご家族会議をされることをおすすめします。

今月の個別相談会より:売却した方が良いのはわかっているけど。。。。 Baikyaku news 201805 soudan

ご相談にお越しくださったのは、70代の女性のお客様ですが、実は2年前にも相談でご来店されています。

「いずれは主人や子供の近くに引っ越すけど、今のところ元気で仕事もしているし、思い出もあるお家だし。。」

ご主人とお子さんはお仕事の関係で都心にお住まいで、東村山にある築40年のお家にひとりでお住まいです。

2年前に私がお話をお聞きして思ったのは、「気持ちに整理がつくのであれば早く売ったほうが良い」ということで、そうアドバイスさせてもらいました。

というのも、終の棲家にはしないということを決めていることや、家が建っているのが、ちょっと不便な場所でして、売却するにも買う方が少なく相場価格が下がってきていることもあり、お金や時間のことなど効率を考えると早めに売った方が良いと思ったのです。

お客様のご状況は2年前から変わっていなくて、今回お話をしたときは、「やっぱり売った方がいいね。。そうだよね」とご自分に言い聞かせるようにお話されていましたが、まだ迷われてるような感じでした。

また、とても元気でいらして、お仕事もされているそうです。

でも、元気だからこそ今のうちに動いた方が良いのではないかとも思います。

とは言っても、何十年と住み慣れているお家から、お引越しするという事は、想像するのも難しいくらい大変なことなんだろうなとあらためて思います。

そして、その重い腰を上げるまでの時間は、気持ちの整理をするためにも、きっと必要な時間なんだともお話をお聞きして思いました。

こたろう犬を飼いたい!! の巻
Baikyaku news 201805 kotarou

以前からずっとねだられていたワンちゃん^^;

最初は犬を飼ったこともないし、犬との生活が想像出来ず無理だよと言っていたのですが。。

周囲からも『一人っ子だし、こたろうくんにとっても良いんじゃない』と言われたり、僕自身がお客様の犬などと触れ合ううちに『可愛いな。うちにいたらどうかな』と考えるようになりました。

でも、なかなか腰を上げるに至っては無かったのですが、GWにこたろうがどうしても犬を見に行きたいというので、ペットショップに行ったところチワワの子犬がいて(~-~) 抱っこすることに(~v~)

『。。あれ?何これ。この感覚は・・・こたろうがまだ新生児のときよくこうやって抱っこしてたなあ。。。(ー_ー)』

と、トリップしてしまい僕の中の母性?がじわじわときました(笑)

やっぱり、見に行くと欲しくなってしまいますよね^^;

けれど、見に行く前と後とで大分印象も変わったし、飼うにあたって見るべき特徴や用意すること心構えなどいろいろ準備が必要だと感じました。

なんとなく、家探しに似ているなと思います。

まだ、初めてなのですぐに飼うとは決まってないですが、いろいろ検討して 一生添い遂げられる子を、こたろうとさがしていきたいなと思います(*^^*)

ちなみに、こたろうは抱っこした犬を全部飼いたいといっていました(汗)

東京都清瀬市出身
大学卒業後、銀行勤務を経てかえる不動産を創業しました。はじめて家を買う、売る方の不安や疑問を解消し、安心してお取引ができるようサポートさせていただくことをモットーにしています。
(*^-^*)
また、不動産売買をわかりやすく解説するFMラジオのパーソナリティをしておりました。

かえる不動産 田中正臣
無料個別相談会開催中

かえる不動産では、毎日無料個別相談会を行っております。例えば、「何から始めれば良いか分からない!」や、「現実的な資金計画やローンのことをもっと知りたい」など、マイホーム購入の不安や疑問を少しでも解消して頂ければと思います!

Baikyaku news soudan
電話でも売却の相談&査定行っています

お電話でのご相談と簡易査定を無料で行っています。会話をするほどじゃないけれど、聞いてみたいことがある。お電話でもメールでも大丈夫です。まずはモヤモヤをすっきりさせてください。

Baikyaku news kaeru